用語事典 盆栽関連の用語を網羅。読み方や意味が検索できます。

や行の最近のブログ記事

よびつぎ【呼び接ぎ】

接ぎ木の一種で、根がついた状態の樹を穂木にして接ぐ方法。活着が難しい樹種に用いられる。同じ樹の徒長枝を穂木に使う場合や、同一樹種の根のついた苗木を接ぐ場合などが...

キーワード

よこね【横根】

鉢の中で、横に広がるようにして伸びる根のこと。この横根が長い年月をかけて表土上に出てきたものは根張りになるので大切にする。...

キーワード

ゆごうざい【癒合剤】

剪定や枝抜き後などにできる傷口を早く癒すために塗るペースト状の薬剤のこと。傷口からの腐敗を防止し、傷口の肉の盛り上がりを促進する効果がある。現在では開発・研究が...

キーワード

やまどり【山採り】

山野に自生している自然木を採集して鉢あるいは、畑などで根づけ(活着)させること、またはその樹を指す。状況によるが自生しているものは樹勢が強いので、採取の時期が適...

キーワード

やつふさ【八ツ房】

同種の普通種に比べて、あまり大きくならず枝葉が小さいものを八ツ房性といい、小さい枝や葉が数多く出るほか、培養しやすく樹形も作りやすいことから盆栽に向いており、盆...

キーワード

やごめ【ヤゴ芽】

「ヒコ生え」と同義。ボケなどによく見られる現象。根元や根の一部から出る芽のことで、後に勢いの良い枝になる。そのままにしておくと今まで出ていた小枝の勢いが弱くなり...

キーワード

やけこむ【灼け込む】

太い枝を切った後や何かの障害で太い枝が枯れた時などに、傷跡の部分から根に向けて幹が枯れ込んでいく状態を指す。松柏盆栽でもこうした状態が起きることがあるが、ザクロ...

キーワード

やくえだ【役枝】

樹形の特徴を作るのに必要な枝。樹形を引き立て品位とハズミをつける枝のこと。役枝は主枝とは限らず、主枝を引き立てほかの枝を生かす枝の場合もある。一の枝、差し枝ばか...

キーワード

サイト内検索

カテゴリ

人気のキーワード