用語事典 盆栽関連の用語を網羅。読み方や意味が検索できます。

さ行の最近のブログ記事

さばみき【サバ幹】

自生地で長い歳月の間に、幹の一部あるいは大半に自然災害を受け割れたり裂けたりして木質部が表れている状態の幹。山岳で長年生きてきた老樹に見られ、風情がある。樹に時...

キーワード

さしき【挿し木】

繁殖法の一種。枝、葉、根など植物体の一部を土などに挿して発根させ、独立した新しい個体を作る無性繁殖。枝や葉の挿すものを「挿し穂」、土の方を「挿し床」と呼ぶ。親木...

キーワード

さしえだ【差し枝】

利き枝の一種。枝の中でも大きく、太くて長い枝であることが多い。樹高や幹の太さ、幹の立ち上がり状態、根張りの状態などで決める。幹の太さと差し枝の太さ、樹高と差し枝...

キーワード

さく【作】

培養の結果や、仕上がり状態のこと。農作物と同様、その年の天候や気象条件に大きく左右される。栄養、病害虫の予防に万全を尽くしていても、天候によって思い通りの作が望...

キーワード

ざ【座】

樹の足元、根張りの芸のひとつ。根が細かく分岐して横に薄く広がっている様子。四方に広がり癒着して盤状になった盤根、もしくは盤根になりかけている根の状態。...

キーワード

そこね【底根】

幹の真下にある部分の根。植え替えの際に深く切り詰めることが多い。...

キーワード

そえ【添え】

席飾りや床飾りなどで主飾りに対して、その陳列の雰囲気を盛り上げるために添えられる軽妙な雑木、花物、実物の盆栽、山野草類のこと。主木の飾りを引き立てる役目を果たす...

キーワード

そうかん【双幹】

盆栽樹形の一つ。1株の根から2本の幹が出ている姿のこと。2本の幹のうち、特に高く太い方を主幹、細く低い方を添幹、または子幹という。別名「相生【あいおい】」。...

キーワード

1  2  3  4  5

サイト内検索

カテゴリ

人気のキーワード