盆栽の里 盆栽文化をはぐくむ高松の素顔。香川県の豊かな自然とまちの魅力を紹介します。

盆栽園のご案内

中西珍松園(なかにしちんしょうえん) 販売 手入

園内の展示

園紹介

創業百余年の歴史を持つ中西珍松園は、JR鬼無駅のほど近くにある。

洗練された門構えで、カフェと間違えて入ってくる人もいるという。季節の盆栽をあしらった日本庭園風のアプローチを抜けると、そこは広い棚場。樹種も大きさもさまざまな鉢がすっきりと並ぶ。「棚場は盆栽の良さを知ってもらうところ。鑑賞に耐え、管理もしやすい配置を心掛けている」と、5代目園主の中西陽一さん。

「おもてなし」の心を大切にしており、棚場の一角に茶室やつくばいをしつらえて、ゆったり過ごせる空間を作り上げている。雨天やハイヒールの女性でも歩きやすいよう、砂利や石を敷いて足場を整えるなど、細かい心配りもうかがえる。

こうした展示の演出を支えているのは、確かな技術だ。スタンダードな大型の黒松盆栽を得意とする重厚な作風で、高い評価を得ている。4代目の輝哲さんが産みの親とされる黒松の新品種「寿」は往年の盆栽ブームの一翼を担い、今も樹形の良さでファンが多い。1993年、天皇陛下が来県された際にご覧いただいた名木も同園の「寿」。現在も輝哲さんが丹精し続けている。

園のサイトでは、ブログを通じて園や職人の日常を親しみやすく伝えているほか、時期に合わせて通信販売コーナーを設置。掲示板には育て方の質問や来訪者の感想などが全国から寄せられ、交流が盛んだ。中西さんは「普段盆栽を目にする機会が少ない人たちに、もっと魅力を知ってほしい。季節を楽しみ、気軽に遊べるものとしてPRしていきたい」と語り、新しい楽しみ方の発信方法を模索している。

園主一言

たくさんの人に盆栽を知ってほしい、楽しんでほしいと思っています。気持ちをオフにして、気軽に季節感を感じに来てください。

盆栽園情報・マップ



所在地 香川県高松市鬼無町佐藤148
お問い合わせ TEL:087-882-0526
FAX:087-882-9578
URLhttp://www.kinashi-bonsai.com/chinshouen/
園主 中西陽一(なかにし・よういち)
1967年10月28日生まれ

中西珍松園5代目園主

盆栽園一覧へ戻る

サイト内検索