用語事典 盆栽関連の用語を網羅。読み方や意味が検索できます。

さ行の最近のブログ記事

せんてい【剪定】

樹木の枝や幹の一部を剪除する作業。一般に果樹や園芸、盆栽、庭木、公園樹などに使用。完成した樹形樹高や容姿などの維持や発芽促進、病害虫の発生防止などの目的で行われ...

キーワード

せっかん【節間】

茎の葉が着生している部分を節といい、その節と節の間のことをいう。...

キーワード

せっかしょう【石化性】

植物体の一部が帯化して板状、鶏冠状または刷毛状になることを石化というが、特に自然状態で石化しやすい性質のものを石化性という。草木に見られ、生花や鉢物にも用いられ...

キーワード

せっかいいおうごうざい【石灰硫黄合剤】

古くから使われている農薬で、多硫化カルシウム27.5%を含む赤褐色透明水溶液。有効成分の主体は五硫化黄黄。主に殺菌剤として使用。殺ダニ効果やカイガラムシ類駆除に...

キーワード

せきかざり【席飾り】

六曲半奴または二枚折の鳥の子白無地屏風などを立て回した前に、青氈(せいせん)を敷き、主飾りの盆栽や水石などを配すること。必要であれば、添え物を配する場合もある。...

キーワード

すかす【透かす】

葉や芽、枝、根などの量を減らすことをいう。...

キーワード

しんしょう【新梢】

幹から生じた枝の先端部分。比較的新しく伸びたものや今年伸びた枝(当年枝)のことを指す。...

キーワード

しょう【性】

樹の個体差を表す。使用例は「性が良い」「葉性」「皮性」など。特徴が固定化したものに限り、品種名のように用いられることもある。...

キーワード

前の8件 1  2  3  4  5

サイト内検索

カテゴリ

人気のキーワード