用語事典 盆栽関連の用語を網羅。読み方や意味が検索できます。

もようぎ【模様木】

樹形のひとつで、幹が模様を描くように曲がっている樹をいう。幹模様が左に流れている感じのものを「右勝手」、右に流れている感じのものを「左勝手」という。また左右だけでなく前後にも幹模様はあり、一般的に前後の曲は前屈みになっているものがよいとされる。また枝にも軽い曲をつけると幹と調和してよりいっそう模様木らしくなる。模様木は枝の配置に注意が必要で、枝は曲の外に配置し、曲の内側には枝を作らないことが原則。極端な曲付けはわざとらしいので気をつけたい。

トラックバック(0)

トラックバックURL

サイト内検索

カテゴリ

人気のキーワード