盆栽主義 鉢の中の小宇宙・盆栽の魅力に迫る地元四国新聞の連載記事

名園の正月 父子の丹精を垣間見る

2012年1月 9日

 香川県高松市鬼無町の「神高松寿園」は3代目の神高藤義さんと4代目の神高恵二さんが切り盛りする名園だ。同園にはシンボルにもなっている黒松「土俵入り」と銘樹が並ぶ「瑞宝殿」がある。正月もいつもと変わらぬ日常を過ごす同園を訪ねた。


銘樹が並ぶ瑞宝殿
銘樹が並ぶ瑞宝殿

にじむ風格

 黒松「土俵入り」は、東西7メートル、南北12メートルに枝を広げるスケールに度肝を抜かれる。鉢に植わっていないため盆栽とは言えないが、神高さん父子が丹精込めた姿は、一大絵巻を見る迫力だ。

風格を増した「土俵入り」
風格を増した「土俵入り」=香川県高松市鬼無町、神高松寿園

 40年以上前に藤義さんが詫間町(現三豊市)の旧家から譲り受けた時は、小さいトラックで持ち帰ったという。瀬戸内海の島から出た樹で、樹齢は250年以上とみられる。施肥や消毒、芽摘みなど長年の世話を続け、樹勢は旺盛だ。

 アジア太平洋盆栽水石高松大会(ASPAC高松)では、同園にも産地見学で多くの外国人が訪れた。最初は無数の苗木と思って「土俵入り」を見ていた人が1本の木の枝張りであることに気づき、感嘆の声を上げたという。

銘樹も健在

 「瑞宝殿」は、藤義さんの父与一さん(故人)が1975年に盆栽振興功労で勲六等瑞宝章を受けたのを機に、78年に藤義さんが開設した。松を中心に45本ほどの銘樹が並んでいる。

 有名な「大隈重信侯遺愛の黒松」や、40年前の第45回国風盆栽展に出展した錦松「末広」、父の叙勲祝賀会に飾った黒松など、藤義さんには一本一本思い出が詰まっている。どこで買ってどんな世話をしてきたか、全て藤義さんの頭に入っているという。

「大隈重信侯遺愛の黒松」を手入れする神高藤義さん
「大隈重信侯遺愛の黒松」を手入れする神高藤義さん

 「銘樹に表裏なし」と言われる通り、「瑞宝殿」の樹はどちらから見ても姿が整っている。それもそのはず、神高さん父子は季節や日光の具合で向きを変え、葉の緑を保っている。「瑞宝殿」を訪れるたび、日々の丹精がどれほど重要であるかが伝わってくる。
(ライター・羽野茂雄)
コメントする

名前

URL

コメント

トラックバック(0)

トラックバックURL