盆栽主義 鉢の中の小宇宙・盆栽の魅力に迫る地元四国新聞の連載記事

海外でもPR アジア各国の支援力強く

2011年3月14日

 第11回アジア太平洋盆栽水石大会(ASPAC)の高松開催まで8カ月余り。同実行委員会では、国内外で積極的なPR活動を展開している。今月初旬には、小西幸彦実行委員長と山地宏美副委員長がインドネシアを訪問、ASPAC創設者のマック・パイマン氏を表敬したり、現地の盆栽水石展に参加して、高松への来場を訴えた。


蘆、パイマン、小西、山地の各氏(左から)=インドネシア・ジャカルタの盆栽展会場
蘆、パイマン、小西、山地の各氏(左から)=インドネシア・ジャカルタの盆栽展会場

ASPAC高松賞

 6日から13日まで、インドネシアの首都ジャカルタ郊外で、インドネシア盆栽水石展が開催された。インドネシア各地から盆栽約200点、水石約100点が出展される大規模な大会で、小西さんらは、この大会を視察した。開会式では、主催者によるASPAC高松の紹介もあり、小西さんが登壇して高松大会をPR、来場を呼び掛けた。

盆栽展の開会式であいさつする小西さん(中央)と山地さん(右)
盆栽展の開会式であいさつする小西さん(中央)と山地さん(右)

 小西さんらがインドネシアを訪問する直前、同展の関係者から「ASPAC高松賞」の創設を依頼され、盆栽水石の優秀作品に小西さんが自署した表彰状を贈呈、歓迎を受けた。

事前会議

 小西さんらの主な訪問目的は、ASPAC大会ジャカルタ事前会議への出席。会議は盆栽水石展に先立つ5日、ジャカルタ市内のホテルで開催された。

 日本でもおなじみのマック・パイマン氏や、第10回ASPAC台湾大会陳会長の代理蘆さんらが顔をそろえ、今年の高松大会に関する打ち合わせを行った。

ASPAC大会のジャカルタ事前会議
ASPAC大会のジャカルタ事前会議

 会議では、「緑を称賛して地球環境をよくするASPACの意義を高松で一層深めよう」との意思統一がなされた。パイマン氏からは、インドネシア駐日大使の高松招へいの要請もあった。

 席上、欠席したシンガポール、マレーシア、中国各国会長から、11月には代表団をASPAC高松大会へ送る旨の手紙が寄せられていることが紹介された。小西さんらは、各国の支援に意を強くして帰国した。
(ライター・羽野茂雄)

コメント(1)

張 永日 ㈱CHINTAI2011年5月17日 22:19

現在中国人の超富裕層向けで日本の最高のおもてなしを提供したいと思っております。ご興味ありましたらご連絡ください。
03-3593-5600
㈱CHINTAI 事業開発室  張 永日
e-cho@chintai.co.jp

コメントする

名前

URL

コメント

トラックバック(0)

トラックバックURL

サイト内検索

最新記事

月別アーカイブ

人気のキーワード

最近のコメント