盆栽主義 鉢の中の小宇宙・盆栽の魅力に迫る地元四国新聞の連載記事

名品の絞り込み 美しさ維持し樹格向上

2011年1月17日

 国風展や大観展など、日本を代表する盆栽展に出展した名品は、その後の管理が欠かせない。香川県高松市国分寺町の春松園に、昨年の国風展に展示した黒松が、運び込まれてきた。樹高65センチ、幅90センチ、推定樹齢150年の山採りの古木だ。同園の平松浩二さんが、この木に5日ほどかかりきりでメンテナンスに努めた。

針金で締める

 木は、幹肌の荒れ、幹の自然の動き、そして圧倒的な古木感など、国風展入選作ならではの迫力がある。所蔵者は、倉敷市の斉藤晃久さん。昨年11月の大観展でも文部科学大臣賞を受けた愛好家である。

 日本盆栽協会発行の専門誌『盆栽春秋』の表紙を飾ったこともある名木だが、昨年2月の国風展から10カ月が経過して、全体の姿が持ち上がり、もっこりした感じが漂っていた。

 生きている盆栽は、時間とともに徐々に形が崩れていく。形を維持するには定期的な締め込みが必要だ。

 平松さんは、木のシャープさを取り戻すため、不要な枝を落とし、全体に針金を掛けて絞り込んだ。

黒松の名木に針金を掛ける平松さん
黒松の名木に針金を掛ける平松さん=高松市国分寺町、春松園

丁寧な手作業

 平松さんは、太さの違う針金10種類以上を使い、枝の一つ一つを曲げていく丁寧な手作業を繰り返した。下から順に、太い枝から細い枝へ気の遠くなるような仕事だ。「木が古いから枝が裂けないよう気を使った。全国的に知られた名品で、責任も感じた」と、完成後は胸をなでおろしていた。

 木は、樹高60センチ、幅77センチに絞り込まれた。国風展で高く評価された「堂々とした大きな根張り、屈曲する幹、荒れた樹肌、整った葉組み」などがよく見えるように復活した。

手入れ前(左)と手入れ後
手入れ前(左)と手入れ後

 この木は愛好家の元に帰り、4~5年針金を掛けたまま培養し、針金が枝に食い込み気味になったら外す。こうして名木の樹格が一段と高まっていく。
(ライター・羽野茂雄)
コメントする

名前

URL

コメント

トラックバック(0)

トラックバックURL