盆栽主義 鉢の中の小宇宙・盆栽の魅力に迫る地元四国新聞の連載記事

水石 水辺の風情を醸し出す

2010年6月19日

 盆栽と車の両輪のように位置づけられる水石。盆栽が森や林の姿を盆上に表現するのと同様、水石は水辺の風情を凝縮する。岩や石を組み合わせて山河の趣を表現する日本古来の「枯れ山水」も、水石の延長線上にある。

名石の五大条件

 名石とたたえられる石には、形、質、色の3大要素に加え、肌合い、時代の5つの条件が求められる。

 形は、何かの自然景観を思わせるものがよく、質は硬さやち密さがあり水をかけるとシットリするものがよい。色は、黒、茶、紫などが好まれている。

 さらに、穴や凹凸、ひだ、筋など自然の肌合いがよく、古い持ち込みや長い間の養石から生まれる、いわゆる『時代がついた』ものが尊ばれる。

 水石は時代が必要なことはもちろんで、川から採ったばかりの新石[あらいし]では、場違いな雰囲気になってしまうことがある。養石をする場合は盆栽と同様、庭の棚で天日に当て、時々水をかけるのがよい。

サヌカイトで創作

高松市西春日町の園藤隆雄さんは、香川県における水石の第一人者で、水石の同好会「旭水会」の会長を務めている。

代表的な水石の滝石をめでる園藤さん
代表的な水石の滝石をめでる園藤さん=高松市西春日町

 水石は川から採れる石が主流となる。全国では静岡県の富士川、天竜川、新潟県の魚野川をはじめ、四国でも愛媛の加茂川、高知の四万十川など、数ある川から名石が産出されている。残念ながら、大きい川がない香川県には、水石に向くような石は出ない。

 そこで園藤さんは、香川特産のサヌカイトを使えないかと考え、試行錯誤の末、今年夏にサヌカイトを使った水石作品を完成させた。まさに、香川から生まれたざん新な水石だ。

讃岐特産のサヌカイトを使った水石の作品
讃岐特産のサヌカイトを使った水石の作品

 園藤さんは「香川の石を使った楽しみ方の提案。これから、名産地の石が醸す雰囲気をどう出すかが課題」と話している。
(ライター・羽野茂雄)

コメント(1)

国生瑞夫2014年6月10日 09:18

初めまして阿武隈愛石会の国生法石と申しますネットで拝見しました素晴らしい滝石なので気に成りました失礼ですが底はうぶでしょうか私共昨日姫川に探石に13名で行って来ました2ほど佳石揚げましたが私は6点の滝いしでしたネット不馴れにつき携帯電話書きます09058474830ですので宜しく願います

コメントする

名前

URL

コメント

トラックバック(0)

トラックバックURL

サイト内検索

最新記事

月別アーカイブ

人気のキーワード

最近のコメント