盆栽主義 鉢の中の小宇宙・盆栽の魅力に迫る地元四国新聞の連載記事

相次ぐ展示会 産地自慢の名品ずらり

2009年2月 4日

 毎年10月には、高松市の鬼無町と国分寺町で相次いで盆栽展が開催される。世界一の盆栽のふるさとが活気づき、ファンにはたまらないシーズンとなる。


樹齢約50年の銀八房五葉松=高松市鬼無町、神高福松園
樹齢約50年の銀八房五葉松=高松市鬼無町、神高福松園

きなし盆栽植木まつり

 25回目を迎える「きなし盆栽植木まつり」は19日から21日までの3日間、同市鬼無町の県鬼無植木盆栽センターで開かれる。例年、県内外から約2万5000人が来場している。

 今年の見どころは、黒松、五葉松、錦松、雑木など約20点の盆栽名品展と、名品盆栽庭園の展示だろう。また、地区内に盆栽、植木、造園業者が点在する土地柄を生かして、それぞれの技を集めた創作庭園も展示される。

 毎年人気の盆栽雑木の即売には、100円程度の素材や小物から100万円を超える逸品まで約5万5000点が出品される予定だ。出品者から直に手入れや保管の注意事項が聞けるため、安心して購入できる。また、針金掛けの教室や実演もある。鬼無小児童の盆栽作品展も好評だ。

 期間中、JR鬼無駅から会場まで無料のシャトルバスを運行する。

グリーンフェスタ国分寺

 今年20回目の節目を迎える「グリーンフェスタ国分寺」は、26日から28日までの3日間、同市国分寺町の橘ノ丘総合運動公園で開催する。

昨年のグリーンフェスタで文部科学大臣賞に輝いた矢野勇さん(観音寺市)の黒松
昨年のグリーンフェスタで文部科学大臣賞に輝いた矢野勇さん(観音寺市)の黒松

 20回記念の特別名品展では、過去のグリーンフェスタで文部科学大臣賞を受けた名品など約80点を展示。受賞後どのような変貌(ぼう)を遂げたのか、マニアには気がかりなところだろう。

 盆栽、苗木の即売会もあり、アンケートに答えると、抽選で200人に五葉松の苗木がプレゼントされる。

 イベントは、大人や子どもの盆栽教室(教材費大人3000円、子ども無料)、親子宝さがし、子ども太鼓、もち投げなどのほか、全国でただ一つしかない盆栽神社の子どもみこし奉納、地元名物ドジョウ汁の販売などもある。

 (ライター・羽野茂雄)

コメント(1)

nickyfury2010年4月 1日 08:08

美しい盆栽

コメントする

名前

URL

コメント

トラックバック(0)

トラックバックURL

サイト内検索

最新記事

月別アーカイブ

人気のキーワード

最近のコメント